2015/09/22

ボールペンの絵10日分と、ボールペンを試してみました

ボールペンで描いた、クロッキーとデッサンの間くらいの絵、10日分です。

 



絵を描いているボールペンを新しく試してみました。

書き味の良い油性インキと謳われているボールペンが、100円前後でも販売されています。
今まで、一番シンプルなタイプのボールペンで描いていたので、興味津々です。


左から、(以下は、個人的な感想です。)

パイロット社のアクロボールは、間違って黒ではない色を購入してしまいました……。オッチョコチョイでスミマセン。 
  
ぺんてる社のビクーニャは、まだ試していません。<(_ _)>

三菱鉛筆社(ユニ)のジェットストリームは、ゲルインクと似ているように感じました。紙にインクが流れ出てくるような感じで、黒い部分が太く濃くも描けます。

ぺんてる社のローリーは、顔料インクで、撥水・耐光性があり、無光沢です。惹かれます。

グラデーションを試し書きしてみました。

線も黒の色も、とてもきれいですが、グレーの濃淡が、少ないように感じます。

インク以前の話になってしまうのですが、今回購入したボールペンは、ノック式」なので、“書くではなく“描くには描きにくく、ゼブラ社のニューハードが、一番使い心地が良いです。

ただ、いずれもグリップが付いているので、ペンダコは出来なくなりそうです。

しばらくローリーを試してみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿